KPLAB Programming School for Kids

ロボットコースのご案内

※各コースで使用するパソコンやタブレット、TOY(教材)は教室で用意します。

プログラムをして何を動かしたい?と言ったらロボットですよね!

2020年新春!ロボットコースがスタートします。

ロボットは3種類を使います。

興味があるロボットから初めてもOKです!

SpheroやDroidコンテンツは遊びや発想力の要素が多い内容で、mBotは実践的にロボットプログラミングを学ぶのでちょっと難しいかな。 

『Spheroで遊ぼう』

難易度 ★★☆
推奨年齢 小学1年生~小学6年生推奨
使用TOY Sphero Mini
使用アプリ Sphero Eduアプリ、iPad

標準回数

4~6回(各回90分)

小さなボールが機敏に動きます。

 

Spheroの見た目は小さなボールです。

どちらが前?センサーは?

タイヤが無いのにどうやって動いているの?

不思議でカワイイSphero Miniは自由な発想を助けます。

 

クービック予約システムから予約する

『littleBits Droidミッション』

難易度 ★★☆
推奨年齢 小学1年生~小学6年生推奨
使用TOY littleBits Droid Inventor Kit
使用アプリ

Droid™ Inventor アプリ、iPad

標準回数

4~6回(各回90分)

ロボットと言えばスターウォーズのドロイドたち!

littlebitsのDroid kitでdroidを動かしましょう。

littlebitsは小さなカラフルなブロックをつないで電子回路が作れます。

電源>コントローラー>モーター

つなぎ方の順番が大事です。

ここにフォースのチカラを感じるセンサーのブロックを追加するにはどうしましょう?

 

※プログラム内に英単語が使われています。

※日常でも使われる英単語ばかりなので、プログラムをしながら英語の勉強もしちゃいましょう!

クービック予約システムから予約する

『mBotロボットプログラム入門』

難易度 ★★★
推奨年齢 小学3年生~小学6年生推奨
使用TOY mBot
使用アプリ mBotアプリ、PC

標準回数

4~6回(各回90分)

最後に紹介するmBotには、ロボットプログラミングの基礎が学べるいろいろな部品が装備されています。

 

ロボットは、動かす場所(床、紙)の素材や、組み立てかた(ネジの締め具合)で、動きに影響が出てしまいます。

 

このコンテンツでは、

ロボットを動かすだけではなく

センサーの数値と実際の数値を比較したり

自分が計測した数値でプログラムを修正することを学びます。

 

先生に指示されたプログラムをするだけでなく、

自分で正解を導くことを学ぶコンテンツになります。

クービック予約システムから予約する

スタッフコメント

Spheroがとってもカワイイです!

4回目の授業では、Spheroを「ピタゴラ装置」と一緒に動かします。

Spheroならではの動かし方を考えて欲しいな!